配当所得の定義

配当所得というのはいかなるもののことなのかを教えてください。

配当所得というのは、株主や出資者が法人から受ける配当、投資信託(公社債投資信託及び公募公社債等運用投資信託以外のもの)及び特定受益証券発行信託の収益の分配といったものに係る所得のことであるといえます。

 そして、配当所得の金額は、次の通り算出します。
収入金額(源泉徴収がなされる前の金額)-株式等元本の取得に要した借入金利息=配当所得の金額
 ちなみに、配当所得については、配当等の支払いに際して、株式等の区分に応じ、所得税等の源泉徴収等が行われ、源泉徴収された所得税は、原則として、その年分の納付すべき所得税額を計算するに当たって差し引きます。
 また、配当所得については、原則として確定申告を行う必要がありますが、確定申告不要制度を利用することもできます。そして、上場株式等の配当所得で平成21年1月1日以後に支払いを受けるべきものについては、総合課税に代えて、申告分離課税により確定申告することもできます。ただ、総合課税によるか申告分離課税によるかの選択は、確定申告する上場株式等の配当所得の全額について行う必要があります。