一人医師医療法人が分からない。

Q.私は歯科クリニックを経営する歯科医師だ。節税面での効果を期待し医療法人化を考えたが、我がクリニックの医師は私1人だ。「法人」と称するにふさわしい経営は出来ないのではないかと感じている。私はこのまま医療法人化出来ないのだろうか。

<解答>
誤解を受けやすいが、医療法人は大規模なもののみを指すのではない。勘違いをして、経営プランから外してしまったようだ。

正しい対応
 経営規模が小さい場合、「医療法人」となることが出来ないとイメージする人も多いが、医療法人は数の上では「一人医師医療法人」が大半である。医療法人化に利点があると考えたならば、医師が1人であっても法人化を検討すべきだ。

[税法等の解説]
一人医師医療法人
 昭和60年に医療法が改正され、それまで病院または常勤の医師数が3人以上の診療所に限られていた医療法人の設置が、3人未満の診療所にも認められるようになった。こうして生まれた「一人医師医療法人」はその法人設立、法人運営、また法人としての権利や義務において他の一般的な医療法人との差異はない。

一人医師医療法人の特徴
 医療法人の中でも常勤医師あるいは歯科医師が3人未満であること。

税理士からのPOINT!
医療法人化は、診療所の社会的信用を高めることや、ご子息への事業承継に有効だ。ただし、難点として損金に交際費を参入する際の限度額があることなどが挙げらるので、十分に検討を重ねてほしい。また、医療法人へ移行する前には税理士に、個人診療所として開設する場合と一人医師医療法人として開設する場合との税額面での比較を依頼し、移行が妥当な判断か相談すると良い。