医療法人の設立認可申請書の提出時に必要な書類

医療法人は、都道府県知事の認可を受けなければ設立することができないとされています。

東京都に主たる事務所を置く予定の医療法人設立申請の場合、医療法人設立認可申請書に次のような資料を添付することとなります(事案によって添付資料が異なります)。東京都の場合、医療法人設立認可申請の仮受付時に提出する部数は1部、本申請時に提出する部数は2部(都保存用・認可書交付用各1部)です。
・定款(寄附行為)
・設立総会議事録
・設立当初において医療法人に所属すべき財産の財産目録
・設立財産目録の明細書
・基金に関する書類(基金拠出契約書等)
・預金残高証明書
・リース物件一覧表
・リース契約書(写し)
・リース引継承認願
・役員及び社員の名簿
・履歴書
・印鑑証明
・委任状
・役員就任承諾書
・管理者就任承諾書
・理事長医師免許証(写し)
・開設しようとする医療施設の概要
・開設しようとする医療施設の建物平面図
・不動産賃貸借契約書(写し)
・土地・建物登記事項証明書
・設立後2年間の事業計画書
・設立後2年間の予算書
・予算明細書
・職員給与費内訳書
・過去2年間の実績表
・2年分の確定申告書一式(写し)
・診療所の開設届(写し)           等
出典:東京都の『医療法人設立の手引』(平成23年5月版)を基に作成