スタッフの研修において、注意すべきこと何ですか?

受付窓口の仕事とは何かということを考えたときに、「次回の予約を入れる」「会計の清算をする」「診察券を受け取りカルテを出す」などさまざまです。これらの業務のほかには「患者様を温かくお見送りする」「患者様を温かくお迎えする」というサービス面の仕事も含まれています。日々の仕事が多忙であるからという理由で、接遇をなおざりにしてしまうと、医院の経営においてとてもマイナスになってしまいます。
 開院前の研修でも接遇研修を取り入れてみましょう。開業後も定期的に研修や見直しをするとよいでしょう。

(1) 内部で検討会を開く
 反省会や検討会などの場を作って検証を行うことも大切になります。その場で風通しよく、改善した方がいいところを言いあえば、この検討会の設立は大きな意味を持つことになります。
(2) 外部講師の研修を受講する
 スタッフの育成をすることは、診療所経営の基本になります。先生ご自身がスタッフの教育をする時間がとれない場合には、外部講師に任せるのも良い案です。
(3) 先生ご自身が教材
 スタッフは常に先生を観察しています。スタッフがどんなに良い研修に参加しても、先生ができていなければスタッフもできるようにならないでしょう。スタッフの行動は、先生ご自身が鏡であることを忘れず注意して生活してください。

 医業=サービス業という観点で、私たちは「聞かれている・見られている」という意識をもちましょう。