スタッフの給与の計算はどうしたらいいですか?

給与は、医院のためを思って働いてくれているスタッフの方への報酬です。給与額や賞与額の支給額などが間違ってしまっていると、お互いの信頼感を損なってしまう場合もあり、不信感を抱かれてしまう第一歩になってしまうかもしれません。気持ちよく働いていただくためにも給与の計算は、締め日と決めた日から支給日まで10日以上の余裕をもった間隔をとり、計算を確実に行いましょう。
 給与計算は、単純に時給・月給、交通費の金額の計算だけでは済みません。源泉所得税や医院の人の数などによっては健康保険料・雇用保険料の徴収義務が給与の支払い事業者に生まれる場合もあります。支給額によって徴収額も変化するので、注意して行ってください。
 所得税の計算をする際は、通常「源泉徴収額表(月額表)」を使用します。最初の給与計算をするときには、まずスタッフの方々に「扶養控除申告書」を提出していただく必要があります。
 しかし、この申告書は、1事業所にしか提出することができません。そのため複数個所から給与をもらっているスタッフの方には、主たる事業所を確認して、提出していただきましょう。

(1) 甲欄
「扶養控除等(異動)申告書」を提出している従業員
(2) 乙欄
「扶養控除等(異動)申告書」を提出していない従業員

 注意すべきは、スタッフの労働の対価として支払いを受けるものは、お金だけではないというところです。借り上げ社宅家賃・昼食代・通勤手当・社員旅行なども現物給与として課税の対象となってしまうことがあります。そのため必ず税理士としっかりとしたご相談のうえ金額を決めるようにしたほうがいいでしょう。