分割後の相続税額が分割前の相続税額より多額

Q.相続税の申告期限内に相続財産が分割されていないため、それぞれの相続人等が民法に規定のある相続分又は包括遺贈の割合に応じて財産を取得したとみなして相続税の計算をし、申告と納税をした場合に、その後相続財産が分割され、その分割に基づいて計算した税額が当初申告した税額より多くなったときには、どのようにすればいいのでしょうか?

A.このときには、修正申告が可能であるといえます。

逆に、現実の分割に基づいて計算した税額が当初申告した税額より少なくなったときには、財産が分割されたことを知った日の翌日から4ヶ月以内に更正の請求を行うことが可能とされています。