やむを得ない事情で受けられる納税の猶予
Q.事業の休廃業や災害といった特殊な事情が生じたことで国税を一度に納めることができないときに納税の猶予を受けるのに際して、注意すべき点があれば教えてください。

A.こうしたときに納税の猶予を受けるのに際しては、一定の期日までに申請書を提出する必要があります。
 そして、原則として担保の提供が必要となりますが、納税の猶予の許可がされたら猶予期間中における延滞税については全額か半額が免除されることになっています。

 なお、次のような原因により国税を一度に納付するのが難しくなったときは、申請に基づき税務署長の許可を受けて、1年以内で分割納付ができます。
1.事業を休止したか廃止したこと。
2.事業につき、著しい損失を受けたこと。
3.法定申告期限より1年以上が経過してから、修正申告か更正等で納めるべき税額が確定したこと。
4.財産につき、災害を受けたか盗難にあったこと。
5.納税者か家族等が病気にかかったか負傷したこと。