青色申告者には記帳や書類保存が必要なのか
Q.青色申告者は、記帳や書類等の保存をする必要があるのですか?

A.青色申告者の記帳は、原則として年末に貸借対照表や損益計算書の作成が可能となるような正規の簿記(一般的には複式簿記です)により行います。ただ、現金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳といった簡易帳簿を用いて記帳することも認められています。
 上記の帳簿と書類等は、原則として7年間にわたり保存する必要がありますが、5年間の保存で構わないことになっている書類もあります。

 なお、青色申告の主たる特典の一つとして、青色申告特別控除が挙げられます。青色申告特別控除というのは、不動産所得又は事業所得を生ずべき事業を営んでいる青色申告者であり、かつ、これらの所得に係る取引を正規の簿記の原則により記帳し、その記帳に基づき作成した貸借対照表と損益計算書を共に確定申告書に添付した上で確定申告期限内に提出している者である場合は、原則としてこれらの所得を通じて最高65万円を控除し、それ以外の青色申告者である場合は、不動産所得、事業所得及び山林所得を通じて最高10万円を控除するというものです。