特殊の株式評価方式に詳細

特定の評価会社の株式は、一般の評価会社とは違った方法で評価されるそうですが、その方法はどのようなものですか?

以下のような特定の評価会社の株式は、原則として、下記1から5までは純資産価額方式により評価を行い、6は清算分配見込額により評価を行うこととされています。
また、下記1から4までの会社の株式を取得した同族株主以外の株主等に関しては、配当還元方式(特例的な評価方式です)により評価をすることも可能です。
1.株式保有特定会社(株式・出資の価額の合計額の総資産価額に占める割合が一定以上である会社をいいます)
2.土地保有特定会社(土地等の価額の合計額の総資産価額に占める割合が一定以上である会社をいいます)
3.比準要素数1の会社(類似業種比準方式によって評価する場合の三つの比準要素つまり配当金額・利益金額・簿価純資産価額のうち直前期末の要素のいずれか二つがゼロであり、かつ、直前々期末の要素のいずれか二つ以上がゼロである会社をいいます)
4.開業後3年未満の会社等(相続のときは被相続人が死亡した日、贈与のときは贈与によって財産を取得した日である課税時期において開業後の経過年数が3年未満である会社や、類似業種比準方式によって評価する場合の三つの比準要素つまり配当金額・利益金額・簿価純資産価額の直前期末の要素がいずれもゼロである会社をいいます)
5.開業前又は休業中の会社
6.清算中の会社