資産管理会社を設立するメリットは?

オーナーの子どもが資産管理会社を設立してオーナーの会社の株式を買い取った時、子どもが会社の株式を保有しているということです。この時、資産管理会社を経由しているのですが、そのメリットは主に2つあります。

(1)資産管理会社設立の効果
1.将来の株価上昇の抑制
資産管理会社へ株式を移転する時、譲渡時の時価によって算出されます。仮に会社が成長した場合でも、株式移転時の時価評価の時に45%が減額されます。

2.オーナーの持株数の減少
資産管理会社が株式を購入すれば、オーナーの持ち株数は減少するということになります。また、資産管理会社の株主がオーナーの子どもである場合、オーナーからすれば自社株が相続財産から離れたということになります。

(2)資産管理会社の設立方法
資産管理会社を設立するにあたって、借入による設立と株式交換による設立があります。
借入での設立は、後継者の設立した資産管理会社が金融機関等から資金を借り入れて、オーナーの株式を買い取る方法です。
一方、株式交換の場合はオーナーの会社の株式と、後継者が設立した資産管理会社の株式を、株式交換するということです。

【借入による設立・対策の流れ】
1. 後継者が全株式を所有する会社を新規に設立する
2. オーナーが所有するA社株式を、新規に設立した会社に譲渡する
3. 新会社は、金融機関などから借入を行い、A社株式を購入する
4. 新会社はA社の配当金などを活用することで借入金の返済を行う

【株式交換による設立・対策の流れ】
1. 後継者が全株式を所有する会社を新規に設立
2. オーナー、後継者及び新会社は、オーナーと後継者の所有するA社株式と新会社の発行する株式を交換する
3. その後、オーナーから後継者へ新会社の株式を贈与する