医療法人出資金の評価方法について知りたいです

医療法人の出資持分は原則的に取引相場のない株式と同様の評価方法ですが、類似業種比準価額の計算について一般的な評価会社と比較すると異なります。
医療法により、配当禁止規定が設けられているため、医療法人の出資金の算定について、類氏業種比準価額の計算上、配当金額は比準要素に含まれません。したがって、年利益金額、純資産価額のみを考慮します。

(1)使用する業種
医療法人はその役割から特殊な性質を持ち合わせています。したがって、類似する業種目が存在しません。そこで、評価時は「その他の産業」を用いることとします。
なお、会社規模区分を判定する時は「小売・サービス業」に該当するものを準用します。